日経ビジネス 2003/10/06号

生保攻防 リポート
生命保険、生き残り劇第二幕 「東京海上系」と外資2社が急成長、株価回復も逆ザヤ重く

 三井生命保険の西村博社長は株式相場の回復で、営業や来年4月に控えた株式会社化の準備に専念できるようになったことを素直に喜ぶ。団体保険の配当見送りに追い込まれた朝日生命保険も、解約・失効高は落ち着いてきた。しかし、安心はできない。外資系や損保系が着々と勢力を拡大し、大手生保の足元を脅かしているからだ。(118〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5379文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
朝日生命保険
アフラック生命保険
格付投資情報センター
金融庁
太陽生命保険
大同生命保険
東京海上あんしん生命保険
東京海上火災保険
東京海上日動あんしん生命保険
日動生命保険
日本生命保険
プルデンシャル生命保険
三井生命保険
ミレア保険グループ
ミレアホールディングス
update:19/09/24