日経ビジネス 2003/10/13号

シリーズ企画 動け!日本 第2回
ソニーも絶句する「税関の迷宮」 輸出企業のサプライチェーンに忍び寄る危機

 金田文生は驚きの声を上げた。財務省関税局所管の独立行政法人「通関情報処理センター」の年間事業費が100億円を超すと、本誌が告げた時だ。 金田はソニーの物流戦略子会社、ソニーサプライチェーンソリューションの国際物流本部で統括部長の要職にある。(110〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6437文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
政治・経済・社会 > 世界経済・貿易 > 貿易全般
【記事に登場する企業】
NTTデータ
財務省
ソニーサプライチェーンソリューション
通関情報処理センター
update:19/09/24