日経ビジネス 2003/10/13号

敗軍の将、兵を語る 人物
水田 唯市 氏  [佐賀商工共済協同組合前理事長] 粉飾の“アルゼンチンタンゴ”

 佐賀商工共済協同組合は8月27日、佐賀地裁から破産宣告を受けました。負債額は約58億6600万円です。組合員からお預かりしていたお金で購入していた有価証券の運用に失敗し、経営が行き詰まってしまいました。 今年3月の決算で、有価証券の評価損は約16億円に達していました。それだけでなく、架空計上という問題もありました。(130〜132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4730文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
佐賀商工共済協同組合
update:19/09/24