日経ビジネス 2003/10/27号

時流超流・トレンド 2003東京国際自動車会議
外資との提携続く中国の自動車産業 政府管理下での成長を継続

 東風汽車の苗総経理は、中国旧機械工業省のエリート官僚から東風汽車のトップに転身し、どん底状態にあった同社を改革してきた。その手腕から「中国のゴーン」と称される苗氏でも、断念せざるを得なかったことがある。 インタビューにあるように、ホンダとの合弁企業である広州市のエンジン製造会社では、本当は完成車を作りたかったというのが、東風汽車の意向だった。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1698文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他(車・バイク−製造)
【記事に登場する企業】
中国・広州本田汽車有限公司
中国・第一汽車社
トヨタ自動車
中国・東風汽車有限公司
独フォルクスワーゲン社
ホンダ
update:19/09/24