日経ビジネス 2003/10/27号

時流超流・トレンド
環境リスクが株価左右する 出遅れ日本金融勢に国連からの呼びかけ

 国連環境計画の金融イニシアティブ(UNEP FI)は10月20〜21日、東京・有楽町で総会を開催した。米シティグループやドイツ銀行など世界約290の金融機関の代表者が集い、経営の視点から環境問題を掘り下げるこの会議は1992年に設立され、これまで米独などで開催されてきた。(14ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1820文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
【記事に登場する企業】
国連環境計画
滋賀銀行
米シティグループ社
米スタンダード・アンド・プアーズ社
米ダウ・ジョーンズ社
東京海上火災保険
独ドイツ銀行
みずほフィナンシャルグループ
三井住友フィナンシャルグループ
update:19/09/24