日経ビジネス 2003/10/27号

時流超流・トレンド In the Market
9月中間で初の最終赤字に陥る任天堂 成長戦略見えず人気の圏外に

 任天堂の株価がさえない。2002年12月3日の終値で1万3530円をつけた後、じりじりと低下。最近は9000円前後を行き来している。それを横目に、日経平均株価は底を入れて上昇が続く。年初は任天堂株が日経平均を上回っていたが、今では逆転され、差は広がっている。「任天堂は市場に置き去りにされた」(あるアナリスト)——。そんな印象さえ受ける。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
任天堂
update:19/09/24