日経ビジネス 2003/10/27号

技術者の眼 コラム
海外生産18%の真の理由 唐津 一[東海大学教授]

 日本の企業は、コストダウンのために賃金の安い中国などの海外に次々とモノ作りの現場を移していると言われる。しかし、コストに占める賃金、つまり人件費の割合は製品によって、また作り方によって随分と違う。特に生産工程の機械化が急速に進んだ最近では、低賃金を利用するという発想自体が過去のものとなった。(99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
東海大学
update:19/09/24