日経ビジネス 2003/10/27号

シリーズ企画 動け!日本 第4回
「年金の神様」、没後の空白 官の呪縛解いた男の正論が政治も世論も動かした

 「年金の神様」と呼ばれる男がいた。1984年に没して以降、メディアが焦点を当てることもなく、世の中に忘れ去られてしまった。現在、年金制度の抜本的な見直しが必要という、かけ声とは裏腹に改正は進まない。なぜか。自らの死を賭して空前絶後の年金改革を成し遂げた異色官僚に答えを求めた。 今年7月26日、横浜市の市営墓地に、厚生労働省の現役幹部やOBら12人が集まった。(158〜161ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5855文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
厚生労働省
社会保険庁
update:19/09/24