日経ビジネス 2003/10/27号

ビジネス世論 パーソナル
選挙対策として有効でも自民党は変わらない?  安倍氏抜擢、7割強が評価

 いよいよ衆院総選挙が近づいてきた。自民党の小泉純一郎総裁は、選挙戦で「党の顔」となる幹事長に安倍晋三氏を抜擢した。49歳の安倍氏は、当選わずか3回で、党3役や閣僚経験はない。幹事長は候補者の公認権や選挙資金の配分権を握る。大胆な若手起用を評価する声が上がる一方、実力未知数の安倍氏に党の最重要ポストがこなせるのかという懸念があることも事実。(193ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1040文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
自民党
update:19/09/24