日経ビジネス 2003/11/03号

時流超流・トレンド In the Market
16期ぶりに経常最高益を更新する王子製紙 攻めに転じても拭えぬ構造問題

 紙パルプ各社の2004年3月期は久々に好決算となりそうだ。中でも王子製紙の急拡大が目立つ。連結経常利益は前期比1.5倍の730億円と、16期ぶりに最高益を更新すると見られる。 2001年3月に、日本製紙と大昭和製紙が経営統合し日本ユニパックホールディングが誕生、紙パ業界は王子紙との2強時代に入った。もっとも、王子紙の好業績はリストラ策で先行している面が大きい。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1588文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
王子ホールディングス
update:19/09/24