日経ビジネス 2003/11/03号

心と体 診察室 パーソナル
見えすぎる眼鏡は頭痛のもと

近視や遠視といった目の屈折異常を専門とする立場からは、Cさんの頭痛や肩凝りの原因として、まず眼鏡を疑いたい。もちろん、身体的な病気がないことを確かめたうえでの話だが、眼鏡の度が合っていないために頭痛などの症状が出て悩んでいる人が非常に多いことを日々痛感している。 ほとんどの場合は、眼鏡やコンタクトレンズによる視力矯正のしすぎ(過矯正)が原因だ。(66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1366文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
梶田眼科
update:19/09/24