日経ビジネス 2003/11/17号

時流超流・トレンド
デュポンが売る「安全工場」 “損保ゼロ”日本でも自信のコンサルティング

 新日本製鉄、ブリヂストン、出光興産とここ数カ月の間、日本企業の事故が相次いでいる。11月5日にはイオンのショッピングセンターで生ごみ処理施設が爆発する事故も起きた。現場の安全神話が崩壊しつつある。 そんな状況を横目に、工場建物などに損害保険を一切かけていない外資がある。昨年創業200周年を迎えた米デュポンだ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1735文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
【記事に登場する企業】
出光興産
デュポン
東レ
日本製鉄(旧・新日鉄住金)
ブリヂストン
update:19/09/24