日経ビジネス 2003/11/17号

戦略 コンテンツ制作 経営
米ピクサー・アニメーション・スタジオ(アニメ映画制作) 「王国日本」脅かす物語と技術

 熱帯の美しい海の中で、魚の一家の父親が行方不明になった息子を捜して奮闘するアニメ映画、「ファインディング・ニモ」が米国で空前のヒットになっている。今年6月に公開されてから興行収入は3億3816万ドル(約372億円)に達し、アニメ映画の新記録を樹立した。(54〜56ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4732文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > テレビ番組・映画・演劇
【記事に登場する企業】
米ピクサー・アニメーション・スタジオ社
update:19/09/24