日経ビジネス 2003/11/24号

時流超流・トレンド 深層 本誌独自試算 減損会計の衝撃
1部上場8社が債務超過に

 近畿日本鉄道と日本たばこ産業(JT)は1000億円以上の損失処理を迫られ、金門製作所や雪印乳業など8社は債務超過に転落する——。 2006年3月期から義務づけられる固定資産の減損会計。企業会計の透明度向上のため、退職給付会計や時価会計など新たな基準が矢継ぎ早に導入された「会計ビッグバン」。減損会計は、その締めくくりとも言える。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2339文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
近鉄グループホールディングス
金門製作所
日本たばこ産業(JT)
雪印乳業
update:19/09/24