日経ビジネス 2003/11/24号

ケーススタディー 経営
三共 背水の社風改革

 東京・品川にある三共の研究開発センター。このセンターの会議室では毎月1回、会社の行く末を左右する重要な会議が開かれる。 会議の名称は「グローバル研究開発マネジメント会議(GRDMC)」。出席者は研究開発部門と営業部門の幹部約30人で、グローバルな研究開発活動を統括するジョン・アレキサンダー取締役が議長を務める。話し合いのテーマは、新薬開発の優先順位の決定だ。(44〜48ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6577文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
三共
update:19/09/24