日経ビジネス 2003/11/24号

技術&イノベーション
ガン検査装置 放射線で微小な腫瘍を発見

 1981年以降、日本人の死亡原因の第1位となっているガン。2002年には年間約30万人、死亡者全体の約31%がガンで亡くなった。しかも日本での増加率は他の先進国より高く、2020年にはガンによる死亡者が約45万人に達すると予測されている。 発病原因や治療薬の研究は進んでいるが、完全なガン克服にはほど遠い。最も有効な対策は、今でも早期発見・早期治療。(84〜86ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3515文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
浜松ホトニクス
update:19/09/24