日経ビジネス 2003/11/24号

シリーズ企画 動け!日本●第8回 リポート
奇々怪々 公選法4つの不思議 新規参入拒む「世界一厳しく、世界一曖昧」な法律

 今回の衆院選の選挙期間は、10月28日の公示から11月8日までの12日間。その間、公職選挙法はホームページを使った選挙運動を禁止している。このため、自民党は、公示直前からホームページの更新を自粛した。更新という行為が、選挙運動に取られかねないと懸念したためだ。 民主党にただすと、「全くの言いがかりだ。(106〜110ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6394文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
公明党
自民党
総務省
東京大学
民主党
update:19/09/24