日経ITプロフェッショナル 2003/11号

CATCH THE TREND ユーザー動向
難産の末に始動する地銀の情報化 流通業界はICタグ採用に突き進む

 9月は地方銀行の情報化構想に関するニュースが相次いだ。9月16日には,福島県の東邦銀行が新勘定系システムを稼働。山形県の荘内銀行は,これに先立つ9月12日に,NTTデータが来年1月をメドに運営を開始する地銀向け共同システム「NTTデータ地銀共同センター」へ参加することを表明した。(18ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
情報システム > RFID(ICタグなど) > ICタグ*
【記事に登場する企業】
米ウォルマート・ストアーズ社
NTTデータ
荘内銀行
東邦銀行
日本IBM
富士通
マルエツ
update:19/09/25