日経ITプロフェッショナル 2003/11号

CATCH THE TREND 製品・技術
Oracleの次期版10gが来年1月に登場 オフィス・ソフトは機能向上が活発に

 9月〜10月にかけての最大のニュースは,日本オラクルが同社の次世代製品群「Oracle 10g」を国内で正式に発表したことだろう。Oracle 10gは,RDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)の「Oracle Database 10g」,Webアプリケーション・サーバーの「Oracle Application Server 10g」,システム管理ソフトの「Oracle Enterprise Manager 10g」で構成する。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1870文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
サン・マイクロシステムズ
日本オラクル
日本マイクロソフト
update:19/09/25