日経ITプロフェッショナル 2003/11号

坂村健のOS解剖学 LESSON 06
ポーリング,割込み,DMA… 入出力を制御する仕組み

 前回はプロセス間の同期と通信の仕組みについて解説した。今回は,OSの重要な機能の1つである入出力制御の仕組みを見ていこう。入出力を理解するためにはハードウエアの知識も必要なので,今回はOSだけに留まらず,いくぶんハード寄りの話題も取り上げたい。 コンピュータに接続される入出力装置(周辺機器)は多岐にわたる。(108〜111ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5559文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > その他(サーバーOS)*
【記事に登場する企業】
東京大学
update:19/09/25