日経ITプロフェッショナル 2003/11号

CATCH THE TREND 製品・技術
改ざんされたデータを自動復元するソフト

NECは9月30日に,不正アクセスによって改ざんされたLinuxサーバー上のファイルを自動復元する「SERVERW@TCH for Tripwire Ver1.0」を出荷開始した。別売の改ざん検知ソフト「Tripwire」と組み合わせて使用する。不正アクセスの証拠として改ざんされたファイルも保存する。価格はSERVERW@TCH,Tripwireともに19万8000円。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:260文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/25