日経トップリーダー 2003/11/01号

ドキュメント「再建」〜復活に賭けた経営者
東北紙工(仙台市・印刷業)第2話 苦渋の決断の末、 和議は成った

 東北紙工が和議を申請した後も、工場は普段と変わらず印刷機の音を響かせていた。商印(商業印刷)、グラビア、東京、札幌の各事業部とも、受注は好調だった。仕掛かり中の仕事は山程あった。 だが、和議申請の影響は確実に出始めていた。紙やインクなどの資材購入が手形から、現金払いに変わった。和議を申請すると銀行の当座口座が封鎖され、手形を振り出すことができなくなる。(141〜145ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5323文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
東北紙工
update:19/09/24