日経トップリーダー 2003/11/01号

Business Scoop
建設会社にも成果主義の波 社員の満足度を高めて利益を生む

 2002年度の建設投資は前年度比7・1%減の56兆5200億円 と、ついに60兆円を割り込んだ。経営環境が一段と厳しくなる中、建設会社は社員の働きがいを保つのが難しい。そこで、成果主義の導入や組織の改革で、社員のやる気を高めようとする会社が増えてきた。 滋賀県を地盤とする建設会社の平和奥田は03年4月から、定期昇給や賞与を廃止。(177ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:880文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
【記事に登場する企業】
才門建設
平和奥田
update:19/09/24