日経ビジネス 2003/12/01号

有訓無訓 コラム
財務は会社を映し出す鏡 経営指標に完成はない 伊庭 保[ソニー銀行会長]

今年は「ソニーショック」という言葉を何度か耳にする機会がありました。実は1992年前後にも、似たような危機を経験したことがあるのです。有利子負債が過去最高の1兆7000億円に達し、製品の在庫も3カ月近く積み上がるなど、財務面では今以上に厳しい状態でした。当時も「ソニー神話の崩壊」という見出しが紙面をにぎわしていたものです。(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
ソニー銀行
update:19/09/24