日経ビジネス 2003/12/01号

ケーススタディー 経営
JTB 稼げる旅行業へ手探り

 8月下旬、JTBは北陸地方の有名旅館と組み、新たな契約方式を導入した。JTBが一定数の客室の販売責任を持ち、売れ残った場合には、最低保証金を支払うという内容だ。 2005年春に更改期を迎える全国の宿泊施設との契約には、JTBが自ら客室を仕入れ、企画内容や料金を決定するという取引制度を初めて盛り込む方針。北陸のケースはそれを先取りした試みだ。(46〜50ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7051文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > 旅行
【記事に登場する企業】
JTB
update:19/09/24