日経ビジネス 2003/12/01号

軽貨物商法 リポート
転機の軽貨物配送ビジネス 先駆者「軽貨急配」の事業見直しが示す構造問題

 爆音とともに粉々に砕け散るビルの窓。そこから炎が噴き出し、路上に散乱する書類——。今年9月16日に名古屋市内で起きた、軽貨物運送の軽急便(名古屋市)名古屋支店ビル爆発事件。その惨劇はまだ記憶に生々しい。ビルに立てこもり、事件を起こしたのは、軽急便が荷物配送を委託していた個人事業主だった。(168〜171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6538文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 旅客・運輸サービス > 運輸サービス
【記事に登場する企業】
トラステックスホールディングス
update:19/09/24