日経ビジネス 2003/12/08号

本 新刊の森●パーソナル エンロン 内部告発者
幹部が語る破綻への道
『エンロン  内部告発者』

 2001年、粉飾会計操作によって米国史上最大規模の破綻劇を演じた総合エネルギー企業エンロン。その負債額は400億ドル(約4兆4000億円)に及ぶとされる。著者は、破綻以前に会計の不正操作を修正するよう同社トップに求めるなど、「内部告発者」として名を馳せたシェロン・ワトキンス氏(当時副社長)。彼女の目に映った“狂宴と凋落の社史”である。(67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:650文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 事件・事故・クレーム > 企業・経営・ビジネスの事件・事故・クレーム
【記事に登場する企業】
米エンロン社
update:19/09/24