日経ビジネス 2003/12/15号

第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第1章
年金にまつわる5つの疑問

 大手化学品メーカーの販売子会社で総務課長を務める山下次男さん(仮名)は最近、自分の年金額を大まかに試算してみて驚いた。1950(昭和25)年12月1日生まれ、53歳。山下さんの年代は、下の図のように60歳から公的年金を受け取ることはできるものの、65歳以降に比べると額は少ない(131ページ参照)。(124〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8136文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第1章(124〜129ページ掲載)
年金にまつわる5つの疑問
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第2章(130〜131ページ掲載)
年金知識が将来を変える 60代前半に無年金期間、知らないと大きな損
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第3章(132〜135ページ掲載)
理念なき年金改革 過去のツケ清算迫られる個人と企業
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
厚生年金基金連合会
厚生労働省
社会保険庁
update:19/09/24