日経ビジネス 2003/12/15号

第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第2章
年金知識が将来を変える 60代前半に無年金期間、知らないと大きな損

 「『昔こんな会社に勤めていたことを申請するのを忘れていた』とか、『60歳以降も働いているが、給料がいくらになると年金額が変わるのか』といった問い合わせ、または単純に『年金はいつからいくらもらえる』というような質問が多いですね」 東京西部のある社会保険事務所。5人の係官で毎日130〜200件の年金相談をこなすという激務の傍ら、事務所次長は、最近の傾向を反芻するよう…(130〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2616文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第1章(124〜129ページ掲載)
年金にまつわる5つの疑問
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第2章(130〜131ページ掲載)
年金知識が将来を変える 60代前半に無年金期間、知らないと大きな損
第2特集 どうなる?あなたの年金 増える負担、減る 第3章(132〜135ページ掲載)
理念なき年金改革 過去のツケ清算迫られる個人と企業
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
社会保険庁
update:19/09/24