日経インターネットソリューション 2004/01号

NEWS
3G携帯の別方式で高速データ通信 イー・アクセス,ソフトバンクBBが実験

 第3世代(3G)携帯電話の一方式であるTD−CDMA(時分割符号分割多元接続)の実用化に向け,イー・アクセスとソフトバンクBBが,実験局用の免許を相次いで総務省に申請した。 すでに11月から,マルチメディア総合研究所とNTTコミュニケーションズが共同で,実験を開始している。東京丸の内や平河町,西新橋に基地局を設置。(70ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:790文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > 伝送路設備・部品*
【記事に登場する企業】
イー・アクセス
NTTコミュニケーションズ
MM総研
情報通信審議会
総務省
ソフトバンクBB
update:19/09/25