日経ビジネス 2004/01/26号

時流超流・トレンド
食の安全問題、その時消費者は

 昨年末には米国でBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)に感染した成牛が発見され、今年1月12日には山口県で鳥インフルエンザが発生するなど、食の安全を脅かす事態が相次ぐ。業界の対応がクローズアップされる機会は多いが、肝心の消費者はどう見ているのか。 米国産牛肉の輸入停止措置で、吉野家ディー・アンド・シーは2月中旬にも牛丼の販売中止に追い込まれる。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:897文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
【記事に登場する企業】
日本ケンタッキー・フライド・チキン
吉野家ホールディングス
update:19/09/24