日経ビジネス 2004/02/09号

3月期決算 リポート
決算早読み 増益でもリストラは継続

 企業業績が日本を牽引するか——。間もなく終わる2004年3月期。一足先にその動向を眺めると、前々期の赤字から一転して大幅増益となった前期に続き、19%前後の2ケタ増益を達成しそう(下表参照)だ。 野村証券金融研究所や大和総研の見通しでは、2005年3月期もさらに2ケタ増益が続く。(114〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6315文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
アドバンテスト
王子ホールディングス
大和総研
日本製紙グループ本社
野村証券金融研究所
ファナック
update:19/09/24