日経ビジネス 2004/02/09号

時流超流・トレンド
献金は自民8:民主2に? 経団連の政策評価より格差拡大の公算

 日本経団連が11年ぶりの政治献金への関与に本格的に踏み出した。自民、民主の2大政党の政策評価を実施。これを会員企業(約1300社)、業界団体(175団体)に示し献金を促し始めた。 しかし、対象項目の決定から実際の評価の過程には曲折があり、奥田碩会長も認める通り「完璧なものとは言えない」のが実情。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1617文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
公明党
自民党
日本経済団体連合会
民主党
update:19/09/24