日経ビジネス 2004/02/09号

編集長インタビュー 人物
北の湖 敏満 氏[日本相撲協会理事長] 変化は拙攻、伝統こそ力

 問 理事長は現役時代、憎たらしいほど強い横綱と言われました。当時と今を比べると、力士の意識や生活ぶりに何か違いがありますか。 答 強くなりたいという気持ちは、今の力士も昔とそう変わりません。最も大きな違いを感じるのは稽古です。私たちは四し股こや(柱を使って突っ張りの稽古をする)鉄砲を含めて、あくまで土俵の上で鍛えてきました。(82〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6374文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > スポーツ
【記事に登場する企業】
日本相撲協会
update:19/09/24