日経ビジネス 2004/02/16号

技術者の眼 コラム
ITにまつわる誤解を解け 唐津 一[東海大学教授]

 高速道路や主要な幹線道路には「Nシステム」という撮影装置が設置されている。高感度カメラから赤外線を発し、自動車のナンバープレートを読み取る装置のことだ。警察庁はNシステムの設置状況について詳細な情報を公開していないため、Nシステムについては賛否両論ある。だが、ナンバープレートを読み取ることで、犯罪者や交通違反者を容易に特定できる。(79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1694文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
【記事に登場する企業】
東海大学
update:19/09/24