日経ビジネス 2004/02/23号

時流超流・トレンド
花王を裏切り、国民にツケ カネボウ、独善と背徳の再建策

 花王への化粧品事業の売却交渉を打ち切り、産業再生機構の支援を仰ぐ——。2月16日、東京都港区のホテルで開かれたカネボウの会見は、多くの関係者の予想を覆す内容だった。カネボウは化粧品事業を切り離して新会社を設立し、そこに産業再生機構が50%超の資本を注入するというのだ。事実上、自主再建を断念したことになる。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3034文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
海岸ベルマネジメント
花王
産業再生機構
update:19/09/24