日経ビジネス 2004/02/23号

ケーススタディー 日野自動車 編集長インタビュー●人物
蛇川 忠暉 氏[日野自動車社長]  「俺は部長」で改革進む

 問 トラック業界は排ガス規制による買い替え特需という大きな追い風が吹きました。2004年3月期の決算では日野自動車として初の売上高1兆円を達成し、利益も過去最高を更新する見込みです。社長就任3年目となる今期の業績をどう分析していますか。 答 皆さんは「規制によって国内市場が大きく膨らんだから業績が良くなった」とよく言われます。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6502文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
【記事に登場する企業】
日野自動車
update:19/09/24