日経ビジネス 2004/02/23号

本 新刊の森●パーソナル 名門アーサーアンダーセン消滅の軌跡
制し難き組織内の矛盾を描く
『名門アーサーアンダーセン        消滅の軌跡』

 歴史上最大級の倒産劇を演じた米エンロンの粉飾決算事件は、世界5大監査法人の1つであり、90年もの歴史を持つグローバル企業、アーサー アンダーセンの息の根をも止めた。数多の優良企業から絶大な信頼を得ていたはずの同社の解体はなぜ起こったのか、またそのことが我々に示す教訓とは何か。アンダーセン元社員らが内外を取材してまとめたもの。(75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:654文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24