日経ものづくり 2004/02号

新製品・部品サーベイ カメラモジュール
小型・高画素・低消費電力化に拍車
携帯電話機やデジタルカメラを中心に産業機器でも需要増へ

カメラ付き携帯電話機やデジタルカメラの需要増を背景に,カメラモジュールは供給不足も指摘されるほどだ。これらに求められるカメラモジュールの要件は小型・高画素・低消費電力で,容積1.5cc程度の狭いスペースの中にメガピクセル(100万画素)の撮像素子や多枚数のレンズを実装するといった高密度化を実現している。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4951文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > 撮像素子
【記事に登場する企業】
MM総研
シャープ
セイコープレシジョン
ソニー
日立マクセル
フジノン
富士フイルムホールディングス
富士フイルムマイクロデバイス
ローム
update:19/09/26