日経ものづくり 2004/02号

解説 水を味方につける家電 総論
24時間使える防水家電 世界で通用する技術に
総論

 水に強いデジタル家電—これまでの常識を覆す「防水家電」が増えてきた。海やスキー場,浴室など,水気のある場所でも使える,デジタルカメラや液晶テレビなどだ(図1)。 これまでメーカーは,家電の防水技術に前向きに取り組んでこなかった。その結果ユーザーは家電の利用シーンを大きく制限されていた。朝は洗面所で顔を洗うし,夜は風呂にも入る。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2521文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
【記事に登場する企業】
NTTドコモ
カシオ計算機
セイコーインスツル
ソニー
ツインバード工業
パナソニック
update:19/09/26