日経ビジネス 2004/03/01号

特集 社員の寿命は15年 編集長インタビュー●人物
井植 敏 氏[三洋電機会長兼CEO] 再び闘争心を持て

 問 日経ビジネスは1980年代に「会社の寿命は30年」というキーワードを作りました。会社に寿命があるのなら、社員にも企業人としての旬があり、寿命があるはずです。でも、現実の賃金人事体系は、年功型から抜け出せていません。 答 私は5年ほど前、労働組合の40周年パーティーの席上で、全く同じ問題意識をぶつけてみたんです。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6405文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 社員の寿命は15年(30〜31ページ掲載)
社員の寿命は15年 2割はスピード昇進、8割は生涯一兵卒
特集 社員の寿命は15年 第1章(32〜35ページ掲載)
30代で格差歴然 「延命努力」なければ昇給なし
特集 社員の寿命は15年 第2章(36〜39ページ掲載)
バブル組に年功不要 電機大手の決断、産業界に波及
特集 社員の寿命は15年 第3章(40〜43ページ掲載)
8割のモラール維持を 納得性高め格差だけを残すな
特集 社員の寿命は15年 編集長インタビュー●人物(46〜49ページ掲載)
井植 敏 氏[三洋電機会長兼CEO] 再び闘争心を持て
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
三洋電機
update:19/09/24