日経ビジネス 2004/03/01号

戦略 商品開発 経営
伊藤園 老舗のノウハウで需要を創造

 下の写真をご覧いただきたい。本庄八郎・伊藤園社長の前にずらりと並んだペットボトル。実は、これらはすべて同社の緑茶飲料「おーいお茶」のブランドがつけられた商品だ。 冬場のコンビニエンスストアで目にするホット専用ボトル、四季折々の緑茶の飲み方に合わせた季節限定商品、そして使用する茶葉をそれぞれ変えた地域限定商品——。(60〜62ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
伊藤園
update:19/09/24