日経ビジネス 2004/03/08号

特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「 第4章
現場が映す社会の歪み

 日本の現場力は落ちている、あるいは落ちていくのではないか。そんな見方をこれまで示してきた。そして、安全を確保し、高い現場力を維持するために、多くのメーカーがいかに日夜、苦闘しているかを紹介した。 ただ、注意していただきたいのは、現時点で比較する限り、決して日本の現場力は欧米や中国などに見劣りしているわけではないことだ。 右の表を見ていただきたい。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3176文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「(30〜33ページ掲載)
ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「3つの罠」
特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「 第1章(34〜37ページ掲載)
罠に落ちないために1  「強い工場」は全社で作る
特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「 第2章(38〜39ページ掲載)
罠に落ちないために2 慣れや慢心を取り除け
特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「 第3章(40〜43ページ掲載)
罠に落ちないために3 「いかに」より「なぜ」問え
特集 ニッポンの現場が危ない モノ作りを蝕む「 第4章(44〜45ページ掲載)
現場が映す社会の歪み
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
経済産業省
厚生労働省
東京大学
横浜国立大学
update:19/09/24