日経ビジネス 2004/03/22号

特集 立ち上がれ納税者 歪んだ徴税権力に「NO 第1章
納税者の反乱は止まらない 「時代遅れの国税庁」と対決姿勢を強める

「我々は国民から仕事を付託されている」。国税庁は納税者との関係をこう説明するだけ。しかし高まる重税感の中で、納税者は「もう黙っていられない」と対決姿勢を強めている。徴税の裁量主義とともに、企業活動の国際化など時代に追いつけない官僚主義に問題がある。 「国民の財産権は、誰が保障してくれるのか。国には守ってもらえないのか」。(35〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4843文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 立ち上がれ納税者 歪んだ徴税権力に「NO(30〜34ページ掲載)
立ち上がれ納税者 歪んだ徴税権力に「NO」
特集 立ち上がれ納税者 歪んだ徴税権力に「NO 第1章(35〜37ページ掲載)
納税者の反乱は止まらない 「時代遅れの国税庁」と対決姿勢を強める
特集 立ち上がれ納税者 歪んだ徴税権力に「NO 第2章(38〜41ページ掲載)
これが日本の納税者を救う道 行政手続き法制化、「権利憲章」制定を
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
国税庁
update:19/09/24