日経ビジネス 2004/03/22号

時流超流・トレンド
証取法改正に思わぬ難敵 経済界が猛反対の独禁法騒動が飛び火

 経済界の猛反発に遭い、開会中の通常国会での法案提出が危ぶまれている独占禁止法(独禁法)の改正案。この騒動が思わぬところに飛び火した。 とばっちりを受けたのは、今国会に法案が提出されている証券取引法(証取法)の改正案だ。今回の改正では銀行への証券仲介業の解禁が大きな話題となっている。もう1つ、重点が置かれているのが、市場の監視機能の強化だ。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1804文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
金融庁
証券取引等監視委員会
日本経済団体連合会
update:19/09/24