日経ビジネス 2004/03/29号 別冊

特別編集版 新生「e革命の波」が来た デジタル家電で デジタル革命最前線リポート●流通革命イオ
外資系流通に敗れ IT活用を戦略の軸に

 20年前から香港、タイ、マレーシアなどのアジア地域でGMS(総合スーパー)を展開してきたイオン。一時は大きなシェアを占めたが、米ウォルマート・ストアーズ、仏カルフール、英テスコなどの外資系流通企業が参入し、次第にシェアを奪われ、一部地域ではGMSの見直しも迫られた。 その大きな理由は、販売コストの差だ。当時、イオンは売上高に対する販売管理費の比率は約28%。(56〜58ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2712文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 基幹業務システム > その他(基幹業務システム)
【記事に登場する企業】
イオン
update:19/09/24