日経ビジネス 2004/03/29号 別冊

特別編集版 新生「e革命の波」が来た デジタル家電で デジタル革命最前線リポート●日の丸家電の
液晶世界一奪回せよ 逆転の秘策我にあり

 猫も杓子も情報公開というこのご時世に、あえて情報を公開しない方針を徹底している「半官半民」企業がある。2001年度の第2次補正予算で経済産業省が153億円の補助金を出し、シャープや日立製作所、セイコーエプソンなど20社を超える液晶関連企業が共同で設立したフューチャービジョン(FV、東京都港区)がそれだ。 なにしろ、ホームページもなければ広報部もない。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5548文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > その他(ディスプレイ製品・技術)
【記事に登場する企業】
韓国・サムスン・エレクトロニクス社
シャープ
ソニー
凸版印刷
パナソニック
日立製作所
フューチャービジョン
update:19/09/24