日経ビジネス 2004/03/29号 別冊

特別編集版 新生「e革命の波」が来た デジタル家電で デジタル革命最前線リポート●クルマの情報
「Car to Car」が生む 巨大情報インフラ

 日本はクルマの高機能化で世界の最先端を走っている。電子制御技術を駆使したハイブリッド車などの環境技術、事故を予防しダメージを低減する安全技術など、最近の日本車に搭載されるIT(情報技術)は目まぐるしく進化している。 中でも高い競争力があるのはITS(高度道路交通システム)である。(78〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5299文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
いすゞ自動車
インターネットITS協議会
トヨタ自動車
日本道路交通情報センター
ホンダ
三菱自動車
三菱総合研究所
update:19/09/24