日経ビジネス 2004/03/29号 別冊

特別編集版 新生「e革命の波」が来た デジタル家電で デジタル革命最前線リポート●米市場で勢い
米国にデジカメ大侵攻 最大市場を日本が席巻

 “軽薄短小”が売れない国。米国では、日本のお家芸である軽くて薄くて小さな家電製品はヒットしないという神話があった。そんな米国で、ソニーが今年1月に発売した小型デジタルカメラの「T1」が人気だ。510万画素のCCDに3倍の光学ズームと2.5インチの大型液晶を備えながら、厚さは約2cmで155gという小型軽量を実現した。軽薄短小の権化のような製品だ。(92〜95ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3552文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
パソコン・デジタルギア > デジタルカメラ > デジタルスチルカメラ
【記事に登場する企業】
オリンパス
キヤノン
ソニー
富士フイルムホールディングス
update:19/09/24