日経ビジネス 2004/03/29号 別冊

特別編集版 新生「e革命の波」が来た デジタル家電で 新IT経営の羅針盤
小林 宏[ドワンゴ社長] 進化する携帯コンテンツ 競争激化で新サービスも

 携帯電話向けのコンテンツビジネスには数多くの企業が参入していますが、儲かっているのは一握りです。2000億円を超えているとされる2003年度の携帯電話向けコンテンツ市場は、その約5割を主要12社で占め、NTTドコモのiモードだけでも約2500社がサービスを提供しており、競争の激しさは増しています。 その中で、ドワンゴは独自路線で成長してきました。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
パソコン・デジタルギア > 携帯電話・PHS本体・サービス > 携帯電話・PHS向け情報サービス*
パソコン・デジタルギア > モバイル端末用アプリ・サービス > 携帯電話・PHS向け情報サービス*
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > 携帯電話・PHS向け情報サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 携帯電話・PHSサービス > 携帯電話・PHS向け情報サービス*
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > 携帯電話・PHS向け情報サービス*
【記事に登場する企業】
ドワンゴ
update:19/09/24